• 皐月珠算道場

ひよこ


皐月では、毎日のルーティンとして、


まず始めに”ひよこ問題"という基礎反復プリントをします。


このひよこ問題は、ウォーミングアップの意味もあるので、


必ず解けるレベルの問題を用意しています。


そしてこのひよこ問題を全て解くと、


ひよこシールを貼ることができます。


このシールは1日1人1枚まで貼れるようになっており、


一定枚数溜まると、全員が”にわとりチャンス”をすることができます。


掲示している進捗表で互いに競っているその横で、


にわとりチャンスを掲示しておくことで、


チームワークを意識させることや、その他にもいくつかの大きな意味があります。


と、ここまでは今までに書いたこととの重複もあったのですが、


実はこのひよこ問題は、まだ皐月に入塾していない、


弟や妹といった幼稚園や保育園の子達にもチャンスがあります。


ひよこ問題のA問題などは、数字の書き方や、そろばんの珠の形などが、問題になっています。


つまりちょっと教えると園児でも十分に解けるレベルなのです。


ひよこ問題は、1人1日1回までなので、にわとりチャンスに早く到達したい生徒達は、


来てくれた幼稚園や保育園の子達に、数字の書き方や珠の形の読み方などを必死で教えます。


つまり、幼稚園や保育園の子達に、ひよこシールを貼ってもらいたいのです。


面白いもので、こういうことは、親や先生が園児に言うと、しなければならない。になりがちですが、


ちょっと年上のお兄ちゃんやお姉ちゃん達から頼まれると、


ええで!やったるわ!と、得意げになりがちなのです。


ひよこ問題ができるようになると、お兄ちゃんやお姉ちゃん達から、感謝され、褒められます。


すると、園児は自分はそろばんができるんだという自己肯定感が上がり、


自分も貢献しているんだという参加意識を持ち、


次に来たときも、どの問題やったらいい?と聞いてくるようになります。


いい循環です。


そろばん教室は楽しい場所なんだという感覚を持ってくれると、いいスタートが切れます。


ちょっと背伸びしたい年頃にぴったりの、ひよこシステムです。




satsuki syuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png
皐月珠算道場.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki syuzan doujou

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png