• 皐月珠算道場

虫食い算


人間(特に子供なのかもしれませんが)は虫食い算が好きです。


答えが少し書かれていて、空白を埋めるという問題は、


一から計算するよりもとっつきやすく、


そして穴を埋めたいという心理が働くのでしょうか。


難しい計算に入るときや、


ちょっとつまづきそうな計算に入るときに、


最初の導入として虫食い算はすごく効果的だなと思います。


例えば、


計算方法を習得して欲しいのか、


それとも、


計算の答えを合わせて欲しいのか、


では、アプローチの仕方は変わるなぁと思います。


初期で、その計算方法を習得して欲しいときに、


虫食い算を使わずに、空白欄のみで学習をすると、


ハードルが2つになってしまい、しんどくなります。


さらに、方法を間違うと答えが全然違う数字になるので、


軽くショックを受けます。


虫食い算には、


答えは合うようにしとくから、


計算方法をしっかり確認してねというメッセージがあり、


安心して方法に集中することができます。


自分が計算した答えを、虫が食っていない箇所と照らし合わせ、


その答えが違った場合には、


方法が違うという認識ができます。


そうすると、あれ?こうやってこうやってこうじゃなかったっけ?


という風に、習ったことを自分の中で整理しながら、


時間をかけて方法を習得していってくれます。


これはかなり大事なところだと思います。


虫食い算は、


1つの高い壁を、2つの普通の壁にしてくれるので、


要所要所で使うと、とても助かります。


方法を習得した後は、


虫食いのない、回答欄空白の方が楽しくなります。


つまづくときは、


大体その子にとって2つ以上の壁があるときだと実感します。


1度に超える壁を1つにしていくことが大事だなぁと思います。




satsuki shuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki shuzan dojo

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png