• 皐月珠算道場

8に似ている数字は?


ある小学2年生の生徒が、幼稚園の生徒に、


基礎プリント(ひよこプリント)を教えていました。


幼稚園児の生徒は、本格的にそろばん学習を始めているわけではないですが、


お兄ちゃんとお姉ちゃんが通っているので、


お迎えのタイミングでやって来て、自発的にひよこプリントをしています。


こうやって社交性や自発性は身についていくんだなぁと感心しながら、


会話を聞いていると、 “8に似ているのは何?” “うーん。(0~9のそろばんの珠の絵を見て)3!” “そうそう!じゃあ7に似ているのは?” “えっとー、2!” ふむふむ。と聞きながら、ふと、あ、おもしろいな。と思いました。


そろばん学習をすると、


5と0、6と1、7と2、8と3、9と4


という数字の組み合わせは、下の珠が同じなので、


形がよく似ているのです。


この、似ているかどうかという感覚は、そろばん学習をしないと身につかない感覚です。


数字という抽象的な概念が、1つずつ固有の目に見える形となって現れるというのは、


そろばん特有のものです。


例えば、7,481と、2,936は似てるとも言えます。


こういうセンスはそろばんでしか磨けないのではないかと思います。 “じゃあ6に似ているのは?” “1!” “他には?”(!?) “うーん、どらやき!” 家でアニメを見てから来てくれたみたいです。


大阪の血も確実に流れています。




satsuki shuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki shuzan dojo

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png