• 皐月珠算道場

2人机は気遣いのきっかけ


皐月の教室に並べてある机は、


2人で1つを使う横長の机となっており、


師匠から教えてもらったサイズを、


忠実に再現させていただいています。


習い手だった頃から、そろばんと言えばこの机だったので、


特に違和感を感じることもなかったのですが、


よく考えてみると、小学生の頃から学校ではずっと机は1人用でした。


1人用の机だと、たとえ揺らしたとしても他の人に迷惑がかかることはありませんが、


2人用だと隣の人の迷惑になるので慎重になります。


お互い様で、隣の人を気遣うことが大切になってくるわけです。


例えば皐月の教室では机が揺れないように消しゴムの使用は禁止にしています。


机にプリントを置くときも、常に隣に座っている友達の邪魔にならないように、そっと置きます。


特にそろばん学習中は机が揺れるだけで手元のそろばんの上に作った答えが動いてしまうので、


隣に迷惑がかからないように気を張ることをよくよく言って聞かせています。


気を遣えるようになるためには練習も必要です。


話が少し外れますが、


膨大な情報が渦巻くネット社会では、特にアナログの空間把握能力が必要になってくるのではないかと考えます。


空間把握能力を身につけるためには、空間からはみ出したときに頭を打つ経験が必要です。


自分1人の空間ではない状態で、空間からはみ出たときにピシッと注意されることは大事です。


小学校の机を2人用にするとどんな変化が起こるのか見てみたい気もします。


師匠の本意とはズレているかもしれませんが、


2人用の机には気遣いを生み出すきっかけ、


空間把握能力を鍛える効果があると考えています。




satsuki syuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png
皐月珠算道場.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki syuzan doujou

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png