• 皐月珠算道場

選択肢を3つ用意する


皐月では、子供達の自主性を促すために、


応用問題の学習時に選択肢を用意して、どっちをやりたい?と聞くようにしています。


次はこの問題、そしてその次はこの問題、というように、


決められた通り進んでいくと、子供達はたまにやらされ感を醸し出してきます。


なので、AとBとC、どれがやりたい?と聞くようにしています。


3つの選択肢の内容自体は大差ないときもありますが、


このタイミングではこれをやって欲しいというときもあります。


そういうときは、やって欲しい問題を2つ目(B)に言って、


前後のAとCの提案をその場で工夫します。


Bはもともと選ばれやすいです。


慎重性の高い子供の場合であれば、AとCにやや難しい問題を設定して提案し、


慎重性の低い子供で、挑戦が好きな場合は、AとCにただただ量の多い問題を設定します。


選択肢を3つにするのにも理由があります。


選択肢が2つの時には、どっちもしたくない。という答えがたまに起こります。


特に子供が疲れているときですね。


選択肢が3つになると、この、どっちもしたくない。という答えがほぼなくなると実感しています。


ちなみに、どっちもしたくない。という答えのときは、


じゃあ何がしたい?と聞きます。


そうすると、あれがやりたい!これがやりたい!と提案してきてくれます。


あとはその提案に少しだけてを加えて4つ目の提案とします。


このようにして選択肢を用意して選んでもらうと、


子供も自分で選んだという納得感がありますし、


言われた通りの問題をやるよりも粘り強く取り組んでくれます。


これやって!ではなく、


これとこれとこれ、どれがいい?です。




satsuki syuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png
皐月珠算道場.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki syuzan doujou

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png