• 皐月珠算道場

賞状は質よりも量


皐月では、賞状をとにかく多く出します。


スモールステップが可能にする、


多段階チェックテストの合格は、もちろんのこと、


ある一定の置き方をマスターしたと判断した場合、


九九を初めて覚えきったとき、


など、


とにかく賞状を多く出す機会を作ることを大切にしています。


極端な話ですが、


賞状の内容にはあまりこだわりません。


量にこだわります。そして賞状の紙質と印刷にこだわります。


子供は賞状をもらうと、嬉しくなります。自信にもなります。


例えばですが、


皐月の子供達は、早い子であれば6ヶ月経過する時点で、


10枚以上の賞状を家に持って帰っています。


賞状も、1枚や2枚でも、家に飾られていると嬉しくなり、鼻が高くなるものですが、


それが10枚以上並んでいるとどうでしょう。


私(僕)は(そろばんが)できる!


と、大きな自信を持ってくれるでしょう。


またまた極端な話ですが、錯覚でもいいのです。


特に同級生と比べたがる年頃です。


小学校の友達が、他の習い事をしている中で、


賞状何枚持ってる?という話になったときに、


小学校1年生の子が10枚以上持ってる!と言えば、


たぶん、かなり多く持っている方でしょう。


自信になります。学びが加速します。伸びます。


金の枠がついた本物の賞状は、


自信をつけるために、絶対的に必要なアイテムの一つです。




satsuki shuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki shuzan dojo

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png