• 皐月珠算道場

褒めるときと注意するとき


皐月では全肯定を基本にして、


子供達が挑戦と感じるステップを達成したときは、大いに褒めて、


他の塾生への配慮が足りないときには、注意します。


褒めるときは、できるだけ多くの人の前で褒めます。


褒められた子供は、みんなの前で褒められることで、


個別に褒められる何倍も嬉しくなり、プライドも満たされます。


さらに、みんなの前で褒められた後には、


みんなからの承認を裏切りたくないので、


私心が出にくくなります。


逆に注意するときは、大切なことは2つあります。


①具体的な行動に対して注意して、合理的な理由を用意する。


②個別に注意する。


注意するときというのは、


自分が計算をしているときに、友達が騒いで、怒ったのに、


友達が計算をしているときに騒いで邪魔するのはどういうことか。


自分がされて嫌なことをどうして人にするのか。


というような内容のときです。


たまに、注意予備軍に聞こえるように注意することもありますが、


基本的には個別に注意をすることで、


子供のプライドを保ち、みんなの中に戻ったときに、


気持ちが切り替えられるようにしています。




satsuki syuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png
皐月珠算道場.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki syuzan doujou

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png