• 皐月珠算道場

自分のクセを発見する


せっかく計算した問題を間違うと、


嫌だなぁという気持ちになります。


間違い直しも面倒だなぁという気持ちになったりします。


こういうときは、 "どういうときに間違うクセがある?" と自己分析を促してみることが効果的なことがあります。


分析欲求が比較的強いタイプの子に有効です。


分析となると、面倒な間違い直しが、楽しい分析作業に変わります。


そうやって見つけた自分の間違いのクセは、


強く印象に残るので、


一生役に立ちますし、土壇場で生きてきます。


ケアレスミスにもいくつかのパターンがあります。


なかなか発見するのに手こずっているときには、


適当にパスを出してみるのも効果的です。


例えば、


最後から2問目の問題が間違いやすいんじゃない?


字が汚いときに間違いやすいんじゃない?


数字の真ん中に0があるかけ算は間違いやすいんじゃない?


プリントが体の正面にないときに間違いやすいんじゃない?


鉛筆の濃さが関係しているんじゃない?


今日は天気が晴れのち雨だから間違いやすいんじゃない!? というように、


なんでもいいから投げてみるのです。


そうすると何かしらの推論を出してくれます。


それで十分です。


実際にその分析が正しいに越したことはないのですが、


自分なりに、間違いをしやすいクセやタイミングがある。ということを、


頭の片隅に入れることができればいいのです。


こうすることで、次に間違いをしたときにも、


あれ、この前の分析とは違うけど、間違ったぞ。。なぜだ?


ということを考えられるようになりますし、


時間があまったときにもクセから順番に見直すことができるようになります。


勝負所で生きてきます。


また、分析の流れの中で、肝心の間違い直しもすることができます。


自己分析をするとミスはチャンスに変わります。


分析好きにはたまらない学習法なのです。




satsuki shuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki shuzan dojo

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png