• 皐月珠算道場

自分で決める


初級〜中級にかけて、


生徒の性格にもよりますが、


その日に進む範囲や解く問題を、


自分で決めてもらうことがあります。


例えば、「どこまでやったらいい?」 と聞いてくれる生徒には、質問を質問で返すようですが、 「どこまでやりたい?」と聞くパターンが多いです。


そして、自分なりに測りながら「おすすめはここやで」と教えると、


大体その前後を指差して、 「じゃあここまでにするわ。」と自分で決めてくれます。


この、自分で決めるということは大事だなぁと思います。


受動的な学習に慣れている入塾したての生徒は、 「どこまでやりたい?」と初めて聞かれると、


一瞬ぽかんとした顔になります。


え、自分で決めていいの??というちょっとした驚きですね。


段々と教室に慣れてくると、


いつの間にか能動性を持つようになってきます。


プリントを持ってきて、 「今日はここまでやります。」と、


宣言してくれるタイプの生徒もいます。


この自分で決める方法ですが、


実は効果を発揮するためには、セットで必要なものが1つあります。 【進捗表】です。


自分を含めた生徒の進捗がざっくりと見えていることによって、


自分で決めて進む学習は機能し始めます。


進もうと思えばどんどん進める。ということが、 “なんとなく"見えていることがキーポイントですね。




satsuki shuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki shuzan dojo

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png