• 皐月珠算道場

来たときよりも、うつくしく


授業時間が終わって、


子供達が片付けをしてから帰るときに、


たまに机の上が片付いていなかったり、


椅子がちゃんとしまってなかったりすることがあります。


そんなときは、


次に使う人が使いにくいでしょう?と問いかけ、


自分の次に使う人、つまりちょっと先の未来を、


できるかぎりイメージしてもらうようにしています。


気遣いや感謝というのは、


イマだけを生きていると、少し難しいことなのかもしれません。


ちょっと後、ちょっと前、から順番に前後の時間幅を広げながら、


どんな人がどんなことをするだろう、どんなことをしただろう、


とイメージすることがとても大切だと思います。


特に低学年の場合はもっと具体的に聞きます。


この次にここの席に座るのは誰だと思う?直感で!という風に、


クイズにすると、うーん、○○ちゃん!という風に乗ってきます。


そして、


じゃあ机の上が片付いてなかったら○○ちゃんはどう思うかな?


と聞けば、すぐに行動に移ってくれます。


幼稚園の年長さんや1年生であれば、


5・7・5 も効果的です。


かえるとき


きたときよりも


うつくしく


かえるとき、きたときよりも、を言って、


うつくしく、を言ってもらいます。


リズミカルなので、1回で覚えれますし、


なんだか心地良いのですぐに片付けてくれます。




satsuki syuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png
皐月珠算道場.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki syuzan doujou

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png