• 皐月珠算道場

整えたくなる仕組み


皐月の椅子の下には、


緑のテープの囲いがあります。


椅子を正しくしまうと、


きっちり椅子の足が囲いに入るようになっています。


生徒が帰り際に、椅子をきちんと整えて、


次に座る人が心地よく始めれるようにと思い、


椅子を整えて帰ることを、


1日の流れの中に入れました。


緑のテープを貼る前は、


口頭で、整えてから帰ることを伝えていました。


しかしそれでは、日によってできたりできなかったりしました。


そこで緑のテープの登場です。


ぴったりと椅子の足と緑の囲いが一致することが大切です。


ゲーム性をもたせることによって、


特に口頭で伝えることもなく、


徐々に椅子を整えて帰ることが当たり前になり、


一度その習慣を身につけると、


テープを外したとしても、


整えて帰らなかったら何かモヤモヤする、


という状態になります。


こういう仕組みは、


ぱっと見て分かるという視覚的、感覚的な要素と、


シンプルなゲームルールが必要だと思います。


例えば、


なかなか片付かない本棚を片付けるときには、


題名をあいうえお順に並べるというルールを作るのではなく、


背の順に並べるというルールの方が、仕組み化しやすいと思います。


題名順に並べなければならない場合であれば、


少し手間がかかりますが、


一度綺麗に並べて並んだ背表紙を撮影し、カラーコピーし、


本棚の奥面に貼ったり、


背表紙に順番がわかりやすいシールを貼るなどして、


なるべく人間の意識に頼らないように仕組み化することが大切です。


いい仕組みは一度作り込めば整い続けます。


仕組みが必要になったときは、


なるべく人の意識に頼らないものを作っていきたいと思います。




satsuki shuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki shuzan dojo

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png