• 皐月珠算道場

少なくとも1人1つの輝ける場所を作る


幼稚園や保育園、小学校では、


決められた枠組みの中に決まった人数がいるので、


必然的に限られた役割や順位を取り合うことが多くなります。


子供に限らず大人もそうですが、


何か1つでも自分が輝ける場所を持っていると大きな自信になります。


皐月では、少なくとも1人1つの輝ける場所を作ることを意識しています。


些細すぎることでは輝ける場所とまでは言えないこともあるので、


ある程度抽象化した上で、具体性を含んで伝え、自分がその部分で輝いていることを認識させます。


例えば、集中力が凄いと思ったときにも、 ○○君(さん)は集中力が凄いね。ではまだ弱く、


残り時間が少なくなって1分を切ったところからの集中力が凄いね。というように具体性を含ませます。


そして最後にキャッチフレーズ的な言葉を添えることができれば完璧です。


例えば上の場合などであれば、ラストスパーター(造語でラストスパートから作ってみました)だね。


というように覚えやすい言葉に変換しておくのです。


こういうシンプルなカタカナの言葉が自信の源になったりするのです。


このように、抽象的な才能を見つける→具体性を含ませて伝える→覚えやすい言葉に変える


この順序で、1人1人に輝ける場所や状況を作り出していくと、


たとえ同じ抽象的な才能を持っている場合であっても、


違う輝ける場所を作ることができます。


そうやって少なくとも1人1つの輝ける場所を、こちらから作っていこうと考えています。




satsuki syuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png
皐月珠算道場.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki syuzan doujou

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png