• 皐月珠算道場

小数は線の上


最近、そろばんでの小数の計算を教えることが多く、


かつて自分も小数をそろばんで理解してから、


数字の理解が一気に広がったことを思い出しました。


乱暴な言い方かもしれませんが、


そろばんでは、2×3も、


0.00002×0.00003も同じです。


先に計算ができてしまうので、


後付けとして安心して理論を聞くことができます。


人にもよりますが、


概念的なものは、理解から入ると難しく感じやすく、


実際に計算できた後から、説明として理論を聞くと、


案外すんなり理解してしまうことがあると思います。


実際の現場ではもっと分かりやすい説明がされていると思いますが、例えば、 「みなさん、数字の0と1の間には、0.1~0.9までがあり、さらに0.1と0.2の間には、なんと0.11~0.19があります。」と、理論から説明すると、「!???」となるかと思います。


この点、そろばんでは先に計算ができてしまうので、例えば、 「先生、0.0875×2.72の答えって、0.238で合ってる?」 「うん、合ってるよ。」 「0.238ってなんなん?」 「0と1の間の数字や。定規で言ったらこの辺ちゃうかな。」 「へぇ〜。数字って無限にあるねんな。」 「せやな。便利やからみんな区切ってるだけや。数字は点じゃなくて線の上にあるからな。」 「へぇ〜。(まぁいつも通り計算できるから難しくはなさそうやな。)」 と、まぁ私(僕)計算はできちゃうからなぁ。という安心をした上で理論を学べるので、


不安や抵抗もなく小数点を理解し始めることができます。


計算はできるから、まぁゆっくり理論でも聞きましょか。ということですね。


このあたりの計算に対する自信は、強みになりますね。




satsuki syuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png
皐月珠算道場.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki syuzan doujou

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png