• 皐月珠算道場

壁一面に鏡を貼る


教室の壁一面に鏡を貼っています。


学習中の自分の姿勢を見えるようにするためです。


生徒が自分の姿勢を見れない状況の中で、


姿勢に気をつけて!と言っても、


本当の意味では伝わらないことに気づきました。


こちらからは見えている崩れた姿勢が、生徒には見えていないからです。


一時的にピシッと背筋を伸ばしても、


自分の崩れている状態を見たことがないので、


そこに課題意識や姿勢の良い状態のイメージ(映像)がなく、


どうしても意識に頼ってしまいます。


つまり意識が他のことに向いたら元に戻ります。


原因は自分の姿勢が見えていないことです。


ということで教室の壁一面に鏡を貼りました。


でこぼこなので改善が必要ですが、


姿勢を映像として生徒と共有することができるようになりました。


自分を客観的に見たいときに鏡は大きな効果があります。


学習中に鏡に映る自分がちらりと目に入ると、


自分が今どんな姿勢なのか、椅子のどこらへんに座って、


机やそろばんとの距離はどうなっているか、


肩に力が入りすぎていないか、体調はどうか、


などたくさんの情報が瞬時に映像で分かるようになります。


見える化は大事ですね。


スポーツジムやバレエスタジオの壁全面が鏡になっていることが多いのは、


やはり自分の姿勢であったりコンディションを、


視覚で確認できるようにするためだと思います。


こちらが見えていることは、必ずしも生徒が見えているとは限らない。


ということを忘れずに、視点をコロコロ変えながら、


より良くなる仕組みを見つけていこうと思います。




satsuki syuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png
皐月珠算道場.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki syuzan doujou

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png