• 皐月珠算道場

二律背反を同時に追求する


一見、両立しそうにない、二つのことを、


同時に両立させようと、追求したときに、


工夫やひらめき、そして価値が生まれます。


例えば、”美味さ”と”早さ”や、 ”スピード”と”クオリティ”などです。


そろばんで求められるのも、


この”スピード”と”クオリティ”です。


スピードとクオリティは二律背反しているように思えますし、


同時に追求することは、難しいように思えます。


普通に考えると、


スピードを追求すると、クオリティは落ち、


クオリティを追求すると、スピードは落ちるものです。


しかし、この二律背反を同時に追求すると、


そこに、工夫やひらめき、そして価値が生まれます。


例えば、そろばんで考えると、


時間制限がある問題の中で、計算した答えを書くときに、


スピードを追求すればするほど、字が読めないくらいに汚くなっていき、


字のクオリティを追求すると、時間が足りなくなります。


ある生徒に、今までよりも、早く書いて、


なおかつ字も綺麗に書くためにはどうしたらいいだろう?


と、二律背反を同時に追求してもらいました。


色々考えて、試行錯誤を繰り返していましたが、


最終的に、そうか!と何やら思いついたらしく、


9を丸を書いてから棒を書くのではなく、


一筆書きで6を書くときのように、くるっと書く。


そして4も一筆書きで書くようにしました。


二律背反を同時に追求しない限り、


なかなか出ないアイデアだと思います。


そろばんに限った話ではないですが、


二律背反事項を同時に追求するときに、


工夫やひらめき、そして価値が生まれるのです。




satsuki syuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png
皐月珠算道場.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki syuzan doujou

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png