• 皐月珠算道場

ハードルと感動の関係


ハードルはできる限り低く設定します。


そして高く飛び越えてもらいます。


その”差”が”感動”です。


その”差”が大きければ大きいほど”感動”は大きくなります。


超えなければいけないハードルを、


低いものと思わせる方法があります。


本番のハードルよりも高いハードルを普段の練習で用意するのです。


例えば試験です。


試験問題の次のレベル、つまりその次の試験問題のレベルを、


普段の練習でしてもらいます。


そうして本番のハードルを高く飛び越えてもらい、


感動に近い体験をしてもらいます。


10級、9級、8級、7級、、、、を、


それぞれギリギリで合格しても、


満点で合格しても、


結果だけを見れば同じことです。


ただ、できるなら満点で合格していって欲しいと思います。


結果は同じであっても、


将来に生きてくるのは、高く飛び越えた経験が多い方、


つまり、満点で合格していくというプロセスを辿った場合だと思います。




satsuki shuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki shuzan dojo

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png