• 皐月珠算道場

テントウムシエスカレーター



テントウムシがエスカレーターで降りてきます。


これは、見取り算(足し算と引き算が一列に並んでいる計算)をするときで、


口数(足したり引いたりする個数)が増えてきたときに、登場します。


テントウムシは、ちょっと前に書いているので、そちらをご覧ください。


このテントウムシの声で、


ゆっくりと、しかし階段ではなくエスカレーターのようになめらかに、


上から下に降りていきます。


降りてくるのは、そろばんと目の2つです。


一つの数字を、テントウムシの声で計算するたびに、


なめらかに、そろばんと目を次の段に降ろします。


決して、そろばんと問題の数字が離れてはいけません。


そろばんの珠を見て、問題の数字を見て、というように、


目を行ったり来たりさせては、速さと正確さの両方が失われます。


そろばんの珠と、そのすぐ上にある問題の数字という、目の前の1点に集中して、


テントウムシの声で、目と口と耳を使って、数字を追っていくことが大切です。


こんなことを、感覚で表した結果、テントウムシがエスカレーターで降りてくる絵になりました。




satsuki syuzan information

6.png
4.png
皐月の地図.png
5.png
皐月珠算道場.png

satsuki-syuzan.com

  • Facebook
  • Instagram

© 2018 satsuki syuzan doujou

​〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1丁目11-30-3C

★上矢印.png