想い

一流を未来におくる
〜 そろばんを用いた対面教育 〜

かつて多くの英雄を生み出した対面教育
好奇心から始めるそろばん学習を通じて、
一生モノの
自信没頭力を身につけ、
将来、どんな分野でも
一流になれる
エンジンを積んでもらいたい

ご挨拶

 皐月珠算道場のホームページへようこそ。

​ 皐月珠算道場では、先生→子供達への、一方向の【集合教育】ではなく、子供1人1人との対話から作る、対面教育】を軸とし、好奇心から始めるそろばん学習を通じ、一生モノの【自信】と【没頭力】をつけてもらいます。
 子供達が将来、活躍する分野を問わず
一流になれる
エンジンを、積んでもらおうと考えています。

 子供が夢や何か興味ができたときに、
私(僕)はできる!(かもしれない)

 と考えるか、
「私(僕)にはできない(かもしれない)」
 と考えるかで人生は大きく変わってきます
 
教室では自己肯定感を高めるべく、大小様々な成功体験を積み重ねる仕組みを用意しています。

 さらに夢や興味に向かって進むときに、作業興奮や受動的な集中とは異なる、
意識的な没頭を用いることによって、突き抜けた結果が、出やすくなります。
 アメリカの心理学者(ミハイ・チクセントミハイ)は、著書『フロー体験入門 楽しみと創造の心理学(世界思想社 2010年)』の序文において、

 人は目標が明確で迅速なフィードバックがあり、

そしてスキル(技能)とチャレンジ(挑戦)のバランスが取れたぎりぎりのところで活動している時に、フロー(没頭)状態に入る。

 と述べており、この活動条件はそろばん学習と密接に関わっています。

目標が明確
制限時間内にそろばんを用いて正確な計算をする。

迅速なフィードバック
正誤がすぐに結果として出る。

スキルとチャレンジのぎりぎりのバランス
対面教育でスキル(技能)を計り、
段階的な挑戦(チャレンジ)を用意する。


 そろばん学習の継続によって、
意識的な没頭力を培うことができると言えるでしょう。
 また、当教室では珠算学習だけでなく、自宅でのお手伝いなど基本的な生活も重視し、
時代に合わせた技術の習得ではなく、技術をその都度手段として使いこなせる脳力】 と【人間力】 の基盤を鍛えていきます。

 ご興味がある方はお気軽にご連絡下さい。
 お会いできる日を楽しみにしております。

           皐月珠算道場 井上広己
 

教えている写真.jpeg

メッセージ(生徒へ)

 そろばんと聞くと、算数や数字の勉強という印象があるかもしれません。しかし実はそうではなく、
遊び(珠を動かす遊び)】に近いものです。

 
好きこそ物の上手なれという言葉があります。
好きなことをしているときに、ついつい時間を忘れて、いつの間にこんな時間になってたの!?と驚いた経験はありませんか?

 好きなことは
継続することが容易く、いつの間にか上手になっていたり、友達よりも詳しくなっていたりします。
 珠遊びは指を器用に使って小さな珠を動かすことで、見たこともない桁の計算や出会ったことのない計算の答えを導くことができたりします。
 いくつかのルールを覚えるだけ。たったそれだけで、足し算、引き算、かけ算、わり算はもちろん、小数点を使った計算やマイナスの計算もできるようになります。ワクワクします。

 ついつい
時間を忘れて珠遊びをしていたら、いつの間にかルールを使いこなすことができるようになって楽しくなります。

 そして、頭ではなく
指で覚えることができるようになると、速く正確に計算することができるようになって、もっと楽しくなります。

 頭の中にそろばんのイメージが鮮明になってくると、日常でそろばんが手元になくても速く正確に計算ができるようになって、もっともっと楽しくなります。
 周りの人たちがビックリすることもあるかもしれません。

 珠遊びから始まる珠算学習には、
可能性があると実感しています。
 珠算学習の過程で、算数のテストの点数や計算力といった目に見やすい能力だけでなく、
継続することの大切さや、練習すれば乗り越えれるという経験と自信意識的に没頭するとはどういうことかという体認や、学習に対する前向きな姿勢など、抽象的な能力も確かにつきます。
 
人生を彩り、豊かにしてくれるこれらの能力は、もちろん、そろばんでしか手に入らない能力ではありません。好きなこと、興味のあることを見つけて続けていく中で、確かについていく能力だと信じています。

 そろばんは長い歴史の中で、洗練されてきた習い事、お稽古の一つです。先人達が未来の子どもたちの豊かな成長を想って、安心して楽しく珠算学習に取り組める仕組み、達成したくなる目標を数多く用意してくれました。
 
 もしそろばんに出会う機会があったなら、そろばんの珠を使った珠遊びを好きになってくれたら嬉しく思います。

 

皐月の特徴

皐月の特徴

対面教育
 1人1人の習熟に合わせた細かい指導を心がけています。同じことを繰り返すのではなく、スモールステップでさくさくと次に進めるように工夫し、つまづきや学習の停滞を感じることがないようにしています。


時代を超える脳力と人間力
 そろばん学習で培った力は、そろばん以外でも発揮することができます。時代に合わせた技術の習得ではなく、技術をその都度手段として使いこなせる本物の脳力と人間力の基盤を鍛えることを重要と考え、仕組みに取り入れています。


見えるそろばん
 毎月の定期レポートで授業での様子や学習の進み具合を報告しています。珠算未経験の保護者様も子どもの挑戦を応援しやすくなっています。


楽しい習い事
 習い事は技術の習得はもちろんですが、人生の1ページという性質もあると考えています。楽しい!次が待ち遠しい!と思える雰囲気作りを心がけています。多くの生徒が勢いよく来てくれます。メリハリのある学習環境作りを心がけています。


右脳トレーニング
 抽象的な数字をそろばんの珠という具体的な図形で描くことにより、右脳を刺激する学習が可能です。そろばん教室なので算数と結びつきやすいですが、国語力、読解力が上がったという声も少なくありません。


たくさんの成功体験
 自信と没頭力があればどんな未来をも切り拓けると考えています。小さな目標を数多く達成することで、1人1人の自信につなげたいと考えています。「私(僕)はできる!」という根拠のある自信をつけてもらいます。


チームワーク
 みんなで協力して楽しむ学習や切磋琢磨できる環境作りを心がけています。また、生徒の多くが異なる小学校に通っているので、小学校や地域のコミュニティとは違った、多世代コミュニティの中で自然と社会性が身につきます。

そろばんの効果

没頭力
制限時間内に速くそして正確に計算する。
スピードとクオリティを追求することで、
能動的な没頭力を鍛えることができます。


発想力
上級者の珠算式暗算は右脳を使用します。
右脳は、独創性、感性、記憶、直感、
ひらめきを司るとされており、
柔軟な発想力を育むことができます。


想像力
上級では計算中に珠の配置を先読みします。
こうなって、こうなるから、こうなる。
といったイメージ力や想像力が、
自然と鍛えられていきます。


継続力
継続学習によって成長を実感できます。
技術が上がり、できることが増えていくと、
学習がより一層楽しくなるでしょう。
継続力が自然と身についていきます。


記憶力
継続学習によって、長期間失われない
珠算式暗算記憶法が身につきます。
中級以降は数字を記憶する必要があり、
記憶力が自ずと鍛えられていきます。


計算力
四則計算が早くなります。
計算に自信がつくことで、
創造的な思考に多くの時間を使う事が
できるようになるでしょう。


自信
そろばん学習では基本の習得から
検定試験、大会出場など、段階的な挑戦が
数多くあります。小さな成功体験を
数多く達成することで自信がつくでしょう。


洞察力
そろばん学習では注意深く数字を
読み取ることが必要です。
この注意深い集中を繰り返すことで、
徐々に洞察力が鍛えられます。

公式サポーター(名前順)

国際二宮尊徳思想学会 常務理事
 中桐 万里子 先生

一般財団法人 咸生書院
  難波 征男 教授

経済学博士
  福井 幸男 教授

兵庫県社会保険労務士会 会長
  古澤 克彦 先生

N